Make it official!

Subscribe to receive latest news about Hamilton and our novelties.

AMERICAN SPIRIT • SWISS PRECISION
お待ちください...

冒険とテクノロジーの出会い

エアロバティックスの解放感、興奮、高揚感は、多くの人にとっては想像上のものでしかありません。ニコラス・イワノフにとってはエアロバティックこそが仕事、夢、そして人生なのです。これは、ハミルトンとある比類なきパイロットとのパートナーシップについての物語です。

 

 

ツイスト、ターン、急上昇、急降下、ダイビング、ループ。エアロバティックスは、パイロットの反射神経、本能、大胆さが瞬時に試される究極の競技です。高さ25mの空気で膨らむパイロンに向かって時速370kmで突進する飛行は、心臓の弱い人向きでないことは確かです。ニコラス・イワノフがエアロバティックス用の機体CAP 10を初めて操縦した時の最初の感想が、高揚感とはまったく逆の腹立たしさだったと聞けば、誰もが驚くに違いありません。彼は、「なぜこのスポーツをもっと早く始めなかったかと、自分に腹が立った」と語ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスのテクノロジーとアメリカンスピリットは、ハミルトンにとって不可欠な価値であり、ニコラスは彼の生き方や外見で、これら両方の価値を体現しています。

 

 

 

 

 

 

エアロバティックス界のトップパイロットのひとりであるニコラスらしい反応としか言いようがありません。「秒速のコルシカ男」とあだ名されるニコラスは、精密な技術や彼がレースで見せるコンマ何秒という素早い操縦とはまったく対照的に、おおらかでリラックスした雰囲気です。毎日会社に出かけてデスクの前に座るのと同じように、機体に乗り込み大勢の観客を前にスリリングなエアロバティックスを披露することができるのは、彼が選ばれた人間であることを物語っています。

 

 

世界的なエアロバティック・パイロットとしての卓越した技術と大空への情熱こそ、ニコラスがハミルトンの理想的なアンバサダーである所以です。スイスのテクノロジーとアメリカンスピリットは、ハミルトンにとって不可欠な要素であるように、ハミルトンとニコラスは、専門性、パフォーマンス、そして感性を共有しながら、アビエーションの新たな高みへと共に挑んでいます。

 

 

あらゆることは実現可能で、限界はないと信じること。成功と安全を委ねる精密な計時とタイミングを信頼すること。それがニコラスの成功要因であり、エアロバティックス界の第一人者となることができた理由です。

 

 

エアロバティックスに必要な創造性についてニコラスは、「空に絵を描くような感覚」と語ります。彼は現在、後継者育成のため自分のスキルを次の世代のパイロットたちに伝えています。

 

 

 

 

7,000時間を超える飛行時間のうち6,000時間をエアロバティックスに費やしてきたニコラス。彼ほどの実績を持つパイロットはごく稀で、コックピットでの彼の洞察力は突出しています。ハミルトンが生み出した偏流修正角計算機能を備えた「カーキ X-ウィンド」や、独自のH-41Eムーブメントを搭載した「カーキ クロノ ワールドタイマー」などの画期的なタイムピースには彼の豊富な経験が反映されています。

 

 

二コラスとの強力なパートナーシップにより開発されたモデルは、世界トップクラスのパイロットが求める信頼性と視認性を兼ね備えています。

 

 

ハミルトンとニコラスは10年以上に渡るパートナーシップにおいてパイロットウォッチに新たなイノベーションをもたらしてきました。これは冒険とテクノロジーの融合によるパートナーシップなのです。