Top icon mobile

A Day with VENTURA by HAMILTON

気になるあのひとが「ベンチュラ」をつけたなら。7人の証言と肖像。前編

1957年、〈ハミルトン(HAMILTON)〉の「ベンチュラ」は世界初の電池式腕時計として誕生しました。このエポックメイキングな発明はもちろんのこと、インダストリアルデザインの鬼才と呼ばれるリチャード・アービブによる前衛的なデザインもまた、革新的なものとしていまに語り継がれています。そんな「ベンチュラ」を気になるあのひとがつけたなら。ファッション関係者、モデル、ミュージシャン、アスリートなど、職業や年齢の異なる7人に登場してもらい、彼らの証言と共にこの腕時計の魅力を紐解きます。

 

Photo_Tohru Yuasa
Text_Yuichiro Tsuji
Edit_Ryo Muramatsu, Soma Takeda
Powered by HOUYHNHNM

 


Case 01:SEIDAI

「ベンチュラ」からは近未来的でスペイシーなムードを感じる。

Profile:SEIDAI

2000年生まれ。学生時代にはじめた「Instagram」のリールと「TikTok」が国内だけでなく海外で話題に。「Instagram」のアカウントは設立して4ヵ月で17万人、リールの動画総再生数は6,000万回を超える、Z世代のファッションアイコン。
Instagram:@____seidai

ーファッションを好きになったきっかけを教えてください。

 

SEIDAI:中学生の時、好きだったひとに「ダサい」と言われたのがきっかけですね。それがショックであると同時に悔しくて。それから家の近所の古着屋に通うようになったんです。

 

ーいまでもその悔しい気持ちは残っているんですか?

 

SEIDAI:そうですね。だから自分にしかできないファッションをしてやろうって思っています。それで格好いいと言われたい。そうゆう気持ちがいまでもありますね。

 

ーSEIDAIさんは自分らしさをどう捉えていますか?

 

SEIDAI:自分に嘘をつかずにありのままでいること。ひとのことやトレンドを気にするんじゃなくて、とにかく自分の直感を信じて好きな色の服を着たり、自分の好きな映画を見たり、自分の好きな音楽を聴いたりするようにしています。そうやって自分らしさを追求しているんです。

VENTURA XXL BRIGHT
盾型のフォルムを継承しながらも、時代に合わせて進化を遂げた最新作「ベンチュラ XXL ブライト」。ライトアップダイヤルを備え、暗い場所でもしっかりと時間を確認できる。¥203,500

ー今日は黒い服を着ていますが、黒もやっぱり好きな色ですか?

 

SEIDAI:大好きです。きれいに格好を決められるし、気品があるし、勝負できる色だなと思うんです。「ベンチュラ」って大人なイメージの時計だから、自分もそれに負けないように色気を出したくて今日はこのスタイリングにしました。

 

ー普段、時計をつけますか?

 

SEIDAI:アクセサリー感覚でつけてますね。腕に時計があるかないかで見え方が変わるし、やっぱりインパクトがあるからつけるとつけないとでは全然違ってくる。「ベンチュラ」はデザインが斬新で、なんだか近未来的でスペイシーなムードを感じますね。

 

ーこの時計をつけてどんなことをしたいですか?

 

SEIDAI:いい服を着て、ディナーに行ってみたいです。このモデルはボタンを押すと赤く光って時間もチェックし易いし。それに黒い服ともすごくマッチする。独特なデザインで遊び心を感じるのに変に目立つことなくファッションに馴染むから、そこがすごく魅力的だと思いますね。


Case 02:Kota Fukami

日常使いをして、一緒に働くメンバーとの差をつけたい。

Profile:深水光太

1994年生まれ。「YouTube」チャンネル「OUR’S」のメンバーのひとり。セレクトショップ「SULLEN TOKYO」でバイヤー兼ショップスタッフとして勤務後、独立。現在は「OUR’S」のメンバーと共にオンラインサイト「STRONG」を運営。
Instagram:@koutafukami

ー「YouTube」チャンネルの「OUR’S」は、深見さんが「SULLEN TOKYO」で働いているときにお店のPRのためにはじめたと聞きました。

 

深水:そうなんです。「Instagram」や「Twitter」よりも、動いて喋って伝えられる「YouTube」の方がよりダイレクトにファッションの魅力を届けられると思ったんです。

 

ーすでに登録者数は14万人いて、ハイブランドからもコラボレーションの声が掛かるほど人気のチャンネルになっていますが、その秘訣はどんなところにあるんでしょうか?

 

深水:他のチャンネルは幅広いジャンルのファッションを扱っている印象なんですが、ぼくらは本当に好きなものしか取り上げません。その世界観が受け入れられているんだと思います。ぼく自身もオリジナリティのある人に魅力を感じので。他のメンバーともよく、「自分たちの好きなものだけをやっていこう」って話をしてるんですよ。

 

ーやっぱりモードな服が好きなんですか?

 

深水:モードって新しいデザインがどんどん出てきて、見たことのないような服があるのが面白い。機能的というよりは装飾的で、「なんでそうなっているの?」っていうようなデザインの服も多いんですけど、ぼくはそれをいい意味で捉えていて、遊び心を感じるんです。

 

ーそうした服の着こなしを考えるのも楽しそうですね。

 

深水:本当にそうなんですよ。どうやって着るかを考えていると、夜も眠れなくなったりします(笑)。新しい服を着たり、新しい着こなしをすることで、また新しい自分になれる。毎回自分を更新できる感覚になるし、ファッションがきっかけで仲間もできる。だから本当に生きがいですね。

VENTURA QUARTZ
1957年に誕生したオリジナルの盾型デザインを継承する1本。ゴールドカラーのケースとレザーベルトの組み合わせが大人の余裕と色気を感じさせる。¥125,400

ー「ベンチュラ」のデザインも、どこかモードな雰囲気を感じるんですが、いかがですか?

 

深水:格好いいですね。普通の腕時計とは全然違う形だし、ぼくの好きなモードな服とも相性がいい。それでいて大人っぽさもあるので、今日はレザーのジャケットを合わせてみたんです。

 

ーやっぱりつけることによって気分は変わりますか?

 

深水:大人になった気分です。ぼくももう20代後半なので、こうゆう時計をサラッとつけられるようになりたいですね。他のメンバーは時計をあまりしないので、「それなに?」って聞かれたら最高だな(笑)。そうやってメンバーとの差をつけたいですね。


Case 03:Koji Shimotsu

50年代に機能性を追求した結果がいまも残っている。

Profile:下津光史

1989年、尼崎生まれ。中学生の頃からバンド活動をはじめ、2008年にロックバンド「踊ってばかりの国」を結成。自身で作詞、作曲を行い、バンドではギター&ボーカルを務める。フォーキーでエモーショナルなメロディーに、どこかサイケデリックな音像を加えた楽曲を生み出す。ミュージシャンからの支持も厚い。
Instagram:@shimotsukoji

ー下津さんは普段時計をつけますか?

 

下津:つけますよ。スーツを着るタイミングとかにちょっといい時計をつけたりします。そろそろ33歳になるんですけど、もういい大人なので普段もつけなきゃいけないかなと考えたり(笑)。

 

ー今回「ベンチュラ」をつけてみてどうでしたか?

 

下津:「ベンチュラ」って57年生まれですよね。確かこの年にエルヴィス・プレスリーのファーストアルバムが出てるんです。だからめっちゃロックな時計やなって。そこから変わらずに時を刻んでるって格好いいじゃないですか。フォルムもどこか近未来的。ぼくはアメコミ好きなんですけど、そうゆうムードを感じます。アメリカの大胆なデザインというか、そうゆう強さを感じますね。つけていて、自分が強くなった感覚もありますし。

 

ー「ベンチュラ」は世界初の電池式腕時計でもあるんです。それを表すように文字盤には電気を表現したエレクトリックチャージシンボルがあしらわれています。

 

下津:そうなんや。それは初めて知りました。ギターでいうと「レスポール」ってことですね(笑)。エレキギターも50年代から形が変わってなくて、その時の機能性を追求した結果がいまもしっかり残っているってモノとしてすごいですよね。

VENTURA
20世紀半ばのモダンデザインを色濃く反映した1本。シルバーカラーのケース、そしてクロコのエンボスが施されたベルトとの組み合わせは、控えめでありながらも気品が漂う。¥118,800

ー下津さんのスタイルにも合っていますね。

 

下津:世界初の電池式腕時計ということで欲しくなりました。ぼくはそういうモノが大好物なんで。なんかつけると緊張感あるんですけど、それはそれで心地いいです。つけるとしたらアーバンな場所につけていきたいですね。あとは「踊ってばかりの国」でテレビに出たときとか(笑)。

 

ー最近の音楽活動はどうですか?

 

下津:自分たちの居場所がなかったからそれをつくるためにここ3~4年精力的に活動し過ぎて、メンバー全員脳汁出っ放しの状態なんですよ。

 

ーでも、居場所づくりの目標は達成できているように感じます。

 

下津:世界的に見たらまだまだだとぼくらは思ってますね。ファッションシーンとかと比べると、音楽業界ってまだまだ多様性に欠けていて、閉鎖的だと思うんです。それをぶっ壊したいっていう気持ちがあるので、それができるまで続けたいと思ってますね。国内では2年以内に「日本武道館」でライブをしたいし、海外ツアーもしてみたい。もう若くないし、しっかりと時間感覚を持って生きたいです。

  • スイスメイド icon スイスメイド
    スイスメイドレーベル
    公式2年保証
  • 全国無料配送 icon 全国無料配送
    無料ギフトラッピング
    14日以内の返品
  • セキュアペイメント icon セキュアペイメント
    Visa, Mastercard, Diners
    Amerixcan Express, JCB