Top icon mobile

シネマ・ムービーウォッチ 映画とゆかりの深いハミルトンのムービーウォッチ

ハミルトンの時計はこれまでに500本以上の映画に登場しています。主人公のキャラクターやストーリーを彩る重要なアイテム担うハミルトンの時計。ハリウッドのアクションムービーからSF作品まで、ハミルトンはムービーブランドとして愛され続けています。

Set Descending Direction

ライト、カメラ、アクション!映画で名を馳せたハミルトンの時計

1932年、時を告げるスターが誕生しました。映画『上海特急』に、マレーネ・ディートリッヒとクライブ・ブルックと共にハミルトンの「フリントリッジ」と「パイピングロック」が登場しました。小道具の域を超えた由緒あるタイムピースは、オーディションを受けるまでもなく、物語で重要な役割を果たしました。

レッドカーペットへのデビューを飾って以来、ハミルトンの時計は多くの映画やドラマシリーズに登場しています。クラシックからコメディ、宇宙からオフィスにいたるまで、映画に登場したハミルトンの時計は時間が重要性を持つシーンでハリウッドのヒーローを支えてきました。スクリーン上でも舞台裏でも、その精度はキャラクターとストーリーに完璧なタイミングを提供しています。

映画と共に輝き続けるハミルトンのレガシー

受賞歴を誇る作品『フロッグメン』が選んだのは、オーセンティックかつ正確なハミルトンの時計でした。ハミルトンの優れた品質は1914年にアメリカ軍から注目され、第二次世界大戦中には、卓越した製品を評価され名誉ある「U.S. Army-Navy ‘E’ Award」を受賞しました。1951年製作の『フロッグメン』は第二次世界大戦中のアメリカ海軍潜水士チームをめぐる実話を描いた作品です。ハミルトンの「フロッグマン」は歴史的にも理想的なタイムピースとして映画の魅力を引き立てています。

ハミルトンの最もアイコニックな時計と言えば、大スター、エルヴィス・プレスリーの主演作『ブルー・ハワイ』でスクリーンデビューを飾った「ベンチュラ」でしょう。“キング・オブ・ロックンロール”はスタイリッシュな「ベンチュラ」をスクリーンの中でも外でも身に着けていました。

世界で最も有名なスパイ、ジェームズ・ボンドにとって完璧なタイミングは何よりも重要であり、ハミルトンの時計に勝るものはありません。ロジャー・ムーアは、1973年の大ヒット作『007 死ぬのは奴らだ』で007を演じた際、ハミルトンの世界初LED式デジタルウォッチ「パルサー」を着用しました。現代の特殊作戦部隊と冒険家も同様に、「パルサー」のリバイバルモデル「PSR」で正確な時を知ることができます。

エージェントH²:映画とハリウッドを彩るハミルトン ウォッチのモダンなペアリング

数々のハリウッド作品に登場し、“ムービーブランド”としての名声を確立したハミルトンは、銀河系の守護者やタイムトラベルするヒーローたちに選ばれるウォッチブランドとなりました。

2014年の大ヒット作『インターステラー』では、登場人物が「カーキ フィールド マーフ」を、時空を超えたコミュニケーションに使ったシーンが印象的です。エルヴィスがこよなく愛した「ベンチュラ」は、『メン・イン・ブラック』のエージェントが着こなすとびきりスタイリッシュなユニフォームのキーアイテムとして銀河系にカムバックしました。「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ 1000m オート」は、『オデッセイ』でマット・デイモン演じる主人公が地球の時間を知るために着用。「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ チタニウム オート」のカスタムモデルは、『TENET テネット』で重要な役を演じました。アドベンチャーコメディの実写版『ソニック・ザ・ムービー』では、世界一スピーディーなハリネズミ ソニックの相棒を演じたジェームズ・マースデンが「カーキ フィールド メカ」を着用しました。

ハミルトンの時計は、アマゾン・プライム TVシリーズ『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』の主人公、やり手のCIA分析官ジャック・ライアンが信頼するタイムキーパーとしても活躍しています。テロリストの陰謀を阻止すべくアクションに立ち向かうジャック・ライアンが身に着けているのは、「カーキ フィールド オートクロノ」。鋭い方なら、脇役として登場する「カーキ アビエーション X-ウィンド オートクロノ」にも気づくでしょう。

スクリーンを彩るさまざまなハミルトンの時計は個性にあふれ、正確な計時と比類なきスタイルであらゆる人が秘める“スーパーヒーロー”の魅力を引き出します。