検索
お待ちください...

パイロットウォッチ100年の歴史

計時 – そして時計 – は、航空において草創期から欠かすことのできない重要な要素でした。精度なくしては、正確な飛行は不可能です。リスクをいとわず敢えて独自の道を追求する姿勢、そして限界に挑む精神。ハミルトンの航空界での軌跡をここでご紹介します。

 

ハミルトンは、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの公式タイムキーパーを務めています。驚異的なスピードで危険な操縦をこなさなければならないこの競技での優勝を勝ち取るため、世界トップクラスのレースパイロットが集まります。これは、飛行機を正確に操る技術力と飛行タイムにフォーカスしたレースで、計時においても高い精度が要求されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年、ハミルトンは、米国空軍士官学校のスポーツチームの公式時計に選ばれました。ハミルトンの時計が誇る汎用性、実用性、信頼性はもちろん、将来の飛行士養成に対するブランドの取り組みを物語っています。

 

 

 

 

 

 

ハミルトンは、スペインのパトルーラASPAをはじめとする飛行部隊、有名なエアーツェルマットのような航空救助サービス、世界中のアクロバットチームやパイロットたちとパートナーシップを結んでいます。ハミルトンの時計が選ばれる主な理由は、航空計時におけるブランドの専門技術と革新力にあります。ハミルトンは、パイロットのニーズに合わせて数多くの新機能を開発してきました。

 

 

 

 

 

 

 

Aレッドブル・エアレースに象徴されるように、人々はアビエーションが秘める大きな可能性に魅了され、航空計器としての時計の役割もますます重要になっています。ハミルトンの時計は厳しい競技環境に耐え、そして絶えず進化するパイロットのニーズを満たすため絶えず進化を続けています。

 

 

 

 

ハミルトンの時計コレクションには、フライト20回分を記録でき、2つのタイムゾーン表示を備え、着陸速度計算、偏流修正角計算、燃料計算などのさまざまな計算機能を搭載したモデルが登場しています。

 

 

 

 

ハミルトンのコレクションには、フライト20回分のレコード機能、2つのタイムゾーン表示、移動速度計算、偏流修正角計算、燃料計算などのさまざまな計算機能を搭載したモデルがラインナップされています。パイロットとの密接なコラボレーションなしには、ハミルトンがパイロットウォッチの最先端を歩み続けることは不可能だったでしょう。

 

 

 

ハミルトンと航空界の強い結びつきは、20世紀初めに遡ります。ペンシルバニア州ランカスターで創業し、当時精度の高い鉄道用時計メーカーとして広くその名を知られることになったハミルトンは、ベーシックなパイロットウォッチの製造を始めました。

 

1918年には、ハミルトンの時計はワシントン~ニューヨーク間を結ぶ米国初の定期航空便サービスの公式時計に採用されました。輸送の発達にともなうアメリカ経済の繁栄を支え、ハミルトンと航空界の長い歴史が始まりました。

 

 

 

 

 

 

また、ハミルトンは、ニューヨークとサンフランシスコを結ぶ15時間20分の空の旅となる初の大陸横断便就航のタイムキーパーに選ばれました。

 

こうして、米国航空史上の黄金時代に、ハミルトンはアビエーションウォッチを新しい高みへと導いたのです。

 

 

 

 

 

 

1930年代、アメリカの裕福層の間で民間航空会社を利用した旅が一般化すると、ハミルトンはアメリカ4大航空会社の公式ウォッチに採用。ニューヨーク~サンフランシスコ間を結ぶ15時間20分の空の旅となる初の大陸横断便就航のタイムキーパーに選ばれました。こうして、米国航空史上の黄金期に、ハミルトンはアビエーションウォッチをさらなる高みへと昇華させました。

 

 

オープンコックピットから貨物輸送機や旅客機、アクロバット飛行まで、1918年以来、ハミルトンは航空界にその名を刻んできました。優れた精度や技術革新、チャレンジ精神こそが、ハミルトンの進化の支柱であり、世界有数のパイロットたちに支持される続ける理由です。パイロットウォッチ発売から100周年を迎え、ハミルトンの革新と挑戦はとどまることがありません