1957年1月3日に世界初のエレクトリックウォッチ(電池式時計)として誕生したベンチュラ。500年近い時計作りの歴史における革新となった電池式腕時計を現実のものとしたベンチュラは、”ぜんまいを巻く”という行為から人々を解放し、ウォッチメイキングのあり方を根底から覆しました。その絶対的な存在感は、発売以来多くのハリウッドスターやクリエーター達をも魅了してきました。映画「メン・イン・ブラック」シリーズでは、MIBエージェントを演ずるウィル・スミスとトミーリー・ジョーンズがベンチュラを着用、映画「ブルー・ハワイ」ではエルヴィス・プレスリーが着用するなど、映画のキャラクターに欠かせないアイコンウォッチとしてハリウッドでも愛されています。

 

 

発売から半世紀以上経た今日も、色褪せることのない「ベンチュラ」の先進性と存在感。初代モデルの発売から60周年を迎える2017年、オリジナルデザインを受け継ぐヴィンテージデザインや、エルヴィス・プレスリーとの密接なストーリーを物語るタイムピースなど、大胆な進化を遂げたアニバーサリー コレクションを発表します。