金曜日, 11月 1, 2013

映画を支えるクリエイターを讃える「ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード」

映画を支えるクリエイターを讃える第7回「ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード」 2013年の授賞式をハリウッドにて開催

120年以上の歴史を誇る時計ブランド ハミルトンは、2013年11月10日にハリウッドにて、監督、編集、衣裳デザイナーなど、映画製作に関わるクリエイター達を讃える、第7回「ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード」の贈賞式を、ロサンゼルス・コンフィデンシャル マガジンとの共催で開催しました。本年度のアワードは、「アメリカン・ハッスル」の映画監督 デヴィッド・O・ラッセルや「アウト・オブ・ザ・ファーネス(原題)」の脚本を手がけたスコット・クーパーとブラッド・インゲルズビー、そして功労賞にオスカー俳優ジョージ・クルーニーが製作・監督・脚本・主演の一人四役をこなした話題作「ミケランジェロ・プロジェクト」に携わった撮影監督 フェドン・パパマイケルが選ばれるなど、2013年の話題作を手がけたクリエイター達が受賞。ホストは、映画「アメリカン・ハッスル」やテレビドラマシリーズ「ロー&オーダー」で人気の女優エリザベス・ロームが務め、プレゼンターとしてハリソン・フォードやジェイソン・ライトマンをはじめとする、ハリウッドを代表する顔ぶれが登場。舞台裏での俳優とクリエイターとの深い絆を垣間見る印象深いセレモニーとなりました。

また、ハミルトンのCEOであるシルバン・ドラは、次のように語りました。「時計製作と映画製作の過程には、多くの共通点があります。時計や映画製作は、技術や忍耐力、ビジョン、そして責任なくしては、成し遂げることができません。そして、何より大切なのは、人々の心に届き、人々の心を動かす原動力となる“情熱”です。我々は、60年以上に及ぶハリウッドとの関係を通して、スクリーンで見る素晴らしい作品の製作には、小道具から美術監督、衣装、そして脚本に至るまで、スクリーンの裏側で働く多くのクリエイター達の力が不可欠であることを深く理解しています。私たちは、今夜ここで、14名の素晴らしい才能に恵まれた彼らの偉業を讃え、その才能を通して我々に感動を与えてくれた彼らに、改めて感謝したいと思います。」 

受賞者は、2013年度中に公開された映画、及び今年度カンヌ、トロント、ベニスの国際映画祭とアメリカ映画協会映画祭(Festival of the American Film Institute)に出品された作品の中から選ばれました。

 

●映画監督賞:「アメリカン・ハッスル」のデヴィッド・O・ラッセル
●外国作品賞:「少女は自転車に乗って」の映画監督 ハイファ・アル・マンスール
●脚本賞:「アウト・オブ・ザ・ファーネス(原題)」のスコット・クーパー、ブラッド・インゲルズビー
●プロデューサー賞:「ダラス・バイヤーズクラブ」のロビー・ブレナー、レイチェル・ウィンター
●キャスティング・ディレクター賞:「大統領の執事の涙」のビリー・ホプキンス、リア・ダニエルズ
●美術監督賞:「インサイド・ルウェイン・デイヴィス(原題)」のジェス・ゴンコール
●編集賞:「とらわれて夏」のダナ・ E・グローバーマン
●衣装デザイナー賞:「アメリカン・ハッスル」のマイケル・ウィルキンソン
●小道具賞:「恋するリベラーチェ」のブラッド・アインホーン
●功労賞:「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」のフェドン・パパマイケル(撮影監督) 


 

400以上のハリウッド映画に登場したスターウォッチ
ハミルトンとハリウッドとの深い関係は、アカデミー賞にもノミネートされた1951年の映画“The Frogmen” に遡ります。本部隊への敵地への上陸に先立ち、敵が敷設した障害物を爆破・撤去するなどの隠密活動を行った通称“フロッグマン”と呼ばれた潜水工作員部隊の実話に基づく映画に採用されたのが、米海軍からの依頼で実際に供給されていたハミルトンの時計でした。独創的なデザインや優れた耐久性、そして登場人物のキャラクターを明快に表現できるハミルトンの時計は、その後もハリウッドのトップ・クリエイターたちを魅了し続けてきました。「ダイ・ハード」シリーズでブルース・ウィルス演じたジョン・マクレーン刑事が使用したウォッチや、「メン・イン・ブラック」シリーズで、トミー・リー・ショーンズとウィル・スミスが演じたMIBエージェントの時計。ハミルトンの時計は、過去60年以上に渡って、400以上の作品に登場。さらに近年は、ハリウッドに留まらず、ヨーロッパ各国や中国、そして日本の映画界からも絶大な支持を得ています。ハミルトンが登場する映画と着用したスターのリストには、年々話題作が書き加えられており、映画界におけるハミルトンの神話は、止まることがありません。

 

ハミルトンが登場した主な作品はコチラ

 

ハミルトンの歴史
ハミルトンは1892年の創業以来、アメリカの歴史とともに歩み続けてきました。鉄道時計に始まった120年に渡るその歴史は、まさにアメリカの発展と、時計の革新に足跡を残してきました。他ブランドと明確に一線を画す、自由と開拓の精神が生み出した個性的なデザイン。世界初の電池式時計や世界初のLED式デジタルウォッチに象徴される革新的なテクノロジー。陸・海・空すべてのフィールドでアメリカ軍に信頼された高い精度と耐久性。スイスの最新技術との融合で新たなるステージを迎えた現代も、そのあふれる創造性で独創的なタイムピースを次々と世に送り出し、ハリウッドや航空界をはじめとする様々な分野で、熱い注目を集めています。

ロサンゼルス コンフィデンシャル
ニッチメディアが発行するロサンゼルスの代表的なプレミア雑誌で、ファッション、アート、ビューティー、カルチャー、ダイニング、エンターテインメント、インテリア、ナイトライフ、旅行に関する極上の情報を提供。プロの視点で、最新のトレンドや影響力のある人物、トレンドセッターを紹介しています。グリーンスパン メディア グループ(GMG)の子会社であるニッチメディアLLCは、アメリカ有数のエリア ライフスタイル誌出版社として知られています。
【ニッチメディアの主要エリア誌】Art Basel Miami Beach, Aspen Peak, Boston Common, Capitol File, Gotham, Hamptons, Los Angeles Confidential, Michigan Avenue, Ocean Drive, Philadelphia Style, Vegas and Wynn.