ハミルトンが公式タイムキーパーを務める 『レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ』千葉大会 5月26日(土)・27日(日)幕張で開催

04/13/2018

『レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ』シーズン第三戦となる千葉大会が5月26日(土)・27日(日)幕張で開催されます。ハミルトンはニコラス・イワノフに加えて、3人の新たなパイロットをチームに迎え、レースに挑みます。

世界で最もエキサイティングなスポーツの一つ『レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ』。パイロッドが一周6kmのコースをおよそ1分で周回するスピードと精度が求められる過酷なレースは、超低空のスラロームコースを駆け抜ける命がけのパフォーマンスが圧巻です。
2018年は8回のレースが予定されており、2月上旬アブダビでの開幕戦を皮切りに、4月はカンヌ、5月は千葉・幕張、その後6月にブタペスト、8月下旬にはロシアのカザンで第6戦を迎え、10月上旬のインディアナポリスへと続きます。残り2レースについては今後詳細が発表されます。

公式タイムキーパー 
スピード、精度、技術が求められる究極のレースには正確な計時が求められます。ハミルトンは2017年に『レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ』の公式タイムキーパーに就任。今シーズンも世界各地で繰り広げられるレースで公式タイムキーパーとして計時を務めます。

パイロット
2005年よりハミルトンのアンバサダーを務めるニコラス・イワノフに加え、ハミルトンは3人のパイロットを新たに迎え、4名のトップパイロットたちと更なる高みへ挑戦します。


左から、ニコラス・イワノフ/Nicoras Ivanoff(フランス)、フアン・ベラルデ/Juan Velarde(スペイン)、ピート・マクロード/Pete McLeod(カナダ)、ダリオ・コスタ/Dario Costa(イタリア)

レッドブル・エアレース オフィシャルタイムキーパー モデル
オフィシャルタイムキーパーを記念して2018年は「カーキ パイロット クロノ オフィシャルタイムキーパーモデル」が登場。レッドブルのキーカラーであるシルバーとブルーのダイヤルや12時位置のチェッカーフラッグのインデックスが特徴のスポーティーなクロノグラフです。
秒・分単位の勝負をカウントする10秒積算計、60秒積算計、30分積算計を搭載。アビエーションウォッチならではの視認性の高さとスイス製ならではの高精度がエキサイティングな冒険をアシストします。

カーキ パイロット クロノ オフィシャルタイムキーパーモデル/
KHAKI PILOT CHRONO QUARTZ OFFICIAL TIMEKEEPER EDITION
ステンレススチールケース/ 44mm径/10気圧防水/2018年6月発売予定
H76712151(ステンレススチールブレスレット)予価:98,000 + 税(税込:105,840円)
H76712751(ブラックカーフストラップ)   予価:91,000 + 税(税込:98,280円)
 

>>>>レッドブル・エアレース千葉2018特設サイトはこちら>>>>