ハミルトン アビエーションウォッチ 100年の軌跡

01/23/2018

アメリカ初のワシントン~ニューヨーク間の定期航空便公式時計にハミルトンの時計が採用されてから今年で100周年を迎えます。

ハミルトンとアビエーションの出逢い
アビエーション創成期から先駆的なパイロットたちの支援を続けてきたハミルトン。アビエーション界の発展に大きく貢献してきたその歴史は20世紀初頭に遡ります。

1892年、アメリカ ペンシルバニア州 ランカスターで創業。高精度の鉄道時計を製造することでその名を広く知られていたハミルトンは、アビエーション時代の幕開けとともにパイロットウォッチの製造を始めました。

1918年、ハミルトンの時計はワシントン~ニューヨーク間を結ぶアメリカ初の定期航空便サービスの公式時計に採用されます。輸送の発達に伴うアメリカ経済の繁栄を支え、ハミルトンのアビエーションウォッチの歴史も始まりました。

1930年代に入り、アメリカの富裕層の間で民間航空会社を利用した旅行が一般化し始めると、ハミルトンはトランス・ワールド、イースタン、ユナイテッド、ノースウエストの4大航空会社の公式時計に採用されました。ニューヨークとサンフランシスコを結ぶ15時間20分の初の大陸横断便就航時には、計時にハミルトンの時計が選ばれました。

ハミルトンのアビエーションウォッチの高い性能と信頼性は民間商用航空サービスの礎となったこの飛行の計時にハミルトンが採用されたことにも象徴されています。

今日も、韓国の第121戦闘飛行隊、スペインのパトルーラ・アスパ、アメリカの第40哨戒飛行隊、オランダのアパッチおよびF-16デモチームなど、多くの飛行隊がハミルトンの時計を採用しています。また、トップパイロットたちの知見は製品開発にも活かされています。

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 公式タイムキーパーに
2017年、ハミルトンのアビエーションの歴史に新たな1ページが加わりました。

ハミルトンはモータースポーツの新たな局面へと挑むレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの公式タイムキーパーに就任しました。

2005年よりハミルトンのアンバサダーを務めるニコラス・イワノフをはじめとした世界トップクラスのレースパイロット14名が、操縦技術とその正確性、そして飛行タイムを競う同大会は、他に類を見ない圧巻のレースが繰り広げられるモータースポーツ・シリーズ。世界最速かつ軽量、機動性に優れたレース専用機を使用し、高さ25mの空気で膨らませたパイロンから成る低空の空中コースを周回してその飛行タイムを競います。

14名のパイロットたちがマスタークラスに参戦し、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップのタイトルをかけて、世界各地で行われる全8試合に臨みます。レースパイロット9名が参戦するチャレンジャーカップでは、若手パイロットが低空飛行技術を向上させ、エアレースのスリルを体験することを目的としています。

2018年のレッドブル・エアレースは、2月上旬アブダビで行われる開幕戦を皮切りに、4月にカンヌ、5月にヨーロッパ、6月にブタペスト、8月上旬にはアジアと続きます。8月下旬にはロシアのカザンで第6戦が開催され、10月上旬のインディアナポリスを経て11月には再びアジアで最終戦が開催される予定です。

1918年以来、1世紀にわたりアビエーションの歴史にその名を刻んできたハミルトン。アメリカ初の定期航空便公式時計に採用されてから100周年を迎え、ハミルトンとアビエーションの新たなチャプターが始まろうとしています。


<KHAKI AVIATION X-WIND AUTO CHRONO>
パイロット専用機能の偏流修正角計算機能を搭載。3つのサブダイヤルや9時位置のデイデイト表示をはじめとする視認性の高いデザインが特徴。
精密な航空計器をイメージさせるハイテクなデザインを纏ったマスキュリンで重厚な佇まいが、腕元に存在感と自信を与えます。


カーキ X-ウィンド オートクロノ
ステンレススチールケース(ケース径44mm)/機械式自動巻/
サファイアクリスタル/10気圧防水/ブラウンカーフストラップ
H77616533/180,000円+税 (税込:194,400円)
 

►►►FIND OUT MORE►►►

自分にぴったりにハミルトンを探す

お近くのハミルトン正規販売店を探す

■ オンライン通販 正規販売店で商品を探す