sublayer

アメリカ ペンシルバニア州,

ランカスターにてハミルトン創設

sublayer

懐中時計の最初のシリーズが、その正確さから「鉄道公式時計」の称号を授与。当時の鉄道は50以上の異なる時間で運営されていたために、事故は当たり前のことであった。鉄道の世界に正確な時計をもたらす先駆けとなったのがハミルトンだった。

sublayer

ハミルトンが米国軍に一流のサプライヤーとしてランク付けされる。

sublayer

ヤンキースウォッチ「パイピング ロック」の誕生で、ハミルトンはアメリカンスタイルのリーダー的存在となった。

sublayer

第二次世界大戦時、ハミルトンは、軍用の100万点のタイムピース提供という大仕事に集中するため、消費者向け時計製造を中止。
1940年代に開発されたハミルトンのマリンクロノメーターは、最新の製造法で作られた最初のものであった。クロノメーターは、経度の算出と場所および方向の特定に必要な海軍用機器であり、位置を見つけるための無線に代わるものとして米海軍に使用されていた。無線の時報は傍受されたり、敵に改ざんされたりする恐れがあるため、軍用機器として必要性があったのだ。
戦争中、ハミルトンは正確性と信頼性に対して最も厳しい要求に応える10,902点のマリンクロノメーターを製造し、それが可能な唯一の企業であり、1年間で開発・製造をやり遂げた。1943年、当社の取り組みが評価され、優れた軍用機器製造に対して米陸軍と海軍から、「E」アワードが授与された。

sublayer

オスカー賞候補作品の『The Frogmen』で、ハミルトンが初めて映画に登場した。

 

これは、第二次世界大戦時の米国海軍ダイバーを主人公にした実話に基づく映画で、敵地の海岸に供給品と部隊のために安全に上陸するというストーリーであった。  

sublayer

ハミルトンは、世界初の電池式腕時計となる、

革新的なテクノロジーを斬新なデザインに取り入れた「ベンチュラ」を発売。

sublayer

1961年、エルビス・プレスリーが映画『ブルー・ハワイ』の中でベンチュラを着用。プレスリーの足跡を熱心に辿っていたスタンリー・キューブリックは、1966年にこのアメリカ発のブランドにアプローチし、フューチャリスティックな新作映画『2001年宇宙の旅』のためユニークなタイムピースの製作を依頼された。ハミルトンのデザインチームは、その要望に見事に応え、腕時計と机上時計をそれぞれ1点ずつ製作した。

sublayer

デジタル数字で時を告げる世界初のLEDデジタルウォッチをハミルトンが製作。

sublayer

初めての自動巻クロノグラフ、「パン ユーロ」がハミルトンから発売される。

sublayer

1974年5月16日、「ハミルトン」ブランドがSSIH(現スウォッチグループ)に売却される。

 

 

sublayer

1920年代から1960年代のハミルトンのデザインが80年代にリバイバル。ボルトン、アードモア、ウィルシャー、ベンチュラといったモデルが、業界全体でのクラシックウォッチのトレンドに火をつけ、これを牽引。

sublayer

『メン・イン・ブラック』、『リーサル・ウェポン4』、『ファイト・クラブ』、『インディペンデンス・デイ』、『リプリー』、『ユー・ガット・メール』といった映画に採用され、ハリウッドとハミルトンの特別な関係が一層深まった。

sublayer

ハミルトンの本部および製造部門がアメリカからスイスのビエンヌへ移管。

sublayer

ハミルトンとエアロバティック・パイロットの第一人者ニコラス・イワノフとのパートナーシップが結ばれる。ニコラス・イワノフは、ハミルトンのオフィシャルアンバサダーとして、ハミルトンのロゴがついたエッジ540機で飛行。

sublayer

映画の舞台裏に焦点を当て、ハミルトンは映画制作を支える重要なクリエーターたちを称えるための賞を創設。「ハミルトン ビハインド ザ カメラ アワード」をハリウッドにて主催。

sublayer

ハミルトンがEAAエアベンチャーの計時スポンサーとなる。このイベントは毎年夏の1週間開かれ、ウィスコンシン州オシュコシュのウィットマン地域空港に、500,000名を超えるEAAメンバーおよび航空ファンが60か国以上の国々から一堂に会する。

sublayer

ヘリコプターによる輸送・山岳救助で名を知られるエアーツェルマット社との密接なコラボレーションにより、ハミルトンがパイロットウォッチのカーキフライトタイマーを新たに開発。このウォッチは、パイロットのログブックを統合して、フライト20回分までの内容を記録。このウォッチの完成により、飛行におけるパイオニア2社の公式なパートナーシップが確立された。
さらに、南アフリカ、カナダ、韓国、スペイン、ロシアの数多くの飛行部隊と提携することで、ハミルトンはパイロットに支持される時計のステータスを確立した。

sublayer

ハミルトンは、バリューが高く、エレガントかつユニークな信頼性の高い時計を製造していることが実績により評価され、世界有数のブランドのひとつとして確立された存在となる。
ハミルトンの時計は、最新のスイス製ムーブメントとテクノロジーによる比類ない精度と、力強いアメリカンスピリットとの結晶である。 

アメリカ ペンシルバニア州,

ランカスターにてハミルトン創設

懐中時計の最初のシリーズが、その正確さから「鉄道公式時計」の称号を授与。当時の鉄道は50以上の異なる時間で運営されていたために、事故は当たり前のことであった。鉄道の世界に正確な時計をもたらす先駆けとなったのがハミルトンだった。

ハミルトンが米国軍に一流のサプライヤーとしてランク付けされる。

ヤンキースウォッチ「パイピング ロック」の誕生で、ハミルトンはアメリカンスタイルのリーダー的存在となった。

第二次世界大戦時、ハミルトンは、軍用の100万点のタイムピース提供という大仕事に集中するため、消費者向け時計製造を中止。
1940年代に開発されたハミルトンのマリンクロノメーターは、最新の製造法で作られた最初のものであった。クロノメーターは、経度の算出と場所および方向の特定に必要な海軍用機器であり、位置を見つけるための無線に代わるものとして米海軍に使用されていた。無線の時報は傍受されたり、敵に改ざんされたりする恐れがあるため、軍用機器として必要性があったのだ。
戦争中、ハミルトンは正確性と信頼性に対して最も厳しい要求に応える10,902点のマリンクロノメーターを製造し、それが可能な唯一の企業であり、1年間で開発・製造をやり遂げた。1943年、当社の取り組みが評価され、優れた軍用機器製造に対して米陸軍と海軍から、「E」アワードが授与された。

オスカー賞候補作品の『The Frogmen』で、ハミルトンが初めて映画に登場した。

 

これは、第二次世界大戦時の米国海軍ダイバーを主人公にした実話に基づく映画で、敵地の海岸に供給品と部隊のために安全に上陸するというストーリーであった。  

ハミルトンは、世界初の電池式腕時計となる、

革新的なテクノロジーを斬新なデザインに取り入れた「ベンチュラ」を発売。

1961年、エルビス・プレスリーが映画『ブルー・ハワイ』の中でベンチュラを着用。プレスリーの足跡を熱心に辿っていたスタンリー・キューブリックは、1966年にこのアメリカ発のブランドにアプローチし、フューチャリスティックな新作映画『2001年宇宙の旅』のためユニークなタイムピースの製作を依頼された。ハミルトンのデザインチームは、その要望に見事に応え、腕時計と机上時計をそれぞれ1点ずつ製作した。

デジタル数字で時を告げる世界初のLEDデジタルウォッチをハミルトンが製作。

初めての自動巻クロノグラフ、「パン ユーロ」がハミルトンから発売される。

1974年5月16日、「ハミルトン」ブランドがSSIH(現スウォッチグループ)に売却される。

 

 

1920年代から1960年代のハミルトンのデザインが80年代にリバイバル。ボルトン、アードモア、ウィルシャー、ベンチュラといったモデルが、業界全体でのクラシックウォッチのトレンドに火をつけ、これを牽引。

『メン・イン・ブラック』、『リーサル・ウェポン4』、『ファイト・クラブ』、『インディペンデンス・デイ』、『リプリー』、『ユー・ガット・メール』といった映画に採用され、ハリウッドとハミルトンの特別な関係が一層深まった。

ハミルトンの本部および製造部門がアメリカからスイスのビエンヌへ移管。

ハミルトンとエアロバティック・パイロットの第一人者ニコラス・イワノフとのパートナーシップが結ばれる。ニコラス・イワノフは、ハミルトンのオフィシャルアンバサダーとして、ハミルトンのロゴがついたエッジ540機で飛行。

映画の舞台裏に焦点を当て、ハミルトンは映画制作を支える重要なクリエーターたちを称えるための賞を創設。「ハミルトン ビハインド ザ カメラ アワード」をハリウッドにて主催。

ハミルトンがEAAエアベンチャーの計時スポンサーとなる。このイベントは毎年夏の1週間開かれ、ウィスコンシン州オシュコシュのウィットマン地域空港に、500,000名を超えるEAAメンバーおよび航空ファンが60か国以上の国々から一堂に会する。

ヘリコプターによる輸送・山岳救助で名を知られるエアーツェルマット社との密接なコラボレーションにより、ハミルトンがパイロットウォッチのカーキフライトタイマーを新たに開発。このウォッチは、パイロットのログブックを統合して、フライト20回分までの内容を記録。このウォッチの完成により、飛行におけるパイオニア2社の公式なパートナーシップが確立された。
さらに、南アフリカ、カナダ、韓国、スペイン、ロシアの数多くの飛行部隊と提携することで、ハミルトンはパイロットに支持される時計のステータスを確立した。

ハミルトンは、バリューが高く、エレガントかつユニークな信頼性の高い時計を製造していることが実績により評価され、世界有数のブランドのひとつとして確立された存在となる。
ハミルトンの時計は、最新のスイス製ムーブメントとテクノロジーによる比類ない精度と、力強いアメリカンスピリットとの結晶である。