ハミルトンと航空界との繋がりは、1919年まで遡ります。この年は、ハミルトンの航空海上用腕時計がワシントンとニューヨークの間のアメリカの航空郵便サービスに採用された年です。航空に関連した活動はさらに進化と躍進を遂げ、1930年代までにハミルトンは、トランス・ワールド、イースタン、ユナイテッド、ノースウエストといった航空会社の公式ウォッチに採用されました。この時代で最も注目すべきは、ニューヨークとサンフランシスコを結ぶ15時間20分の空の旅となる初の大陸横断便就航のため、ユナイテッド航空の計時用にハミルトンが選ばれたことです。

ハミルトンは、アビエーションからインスピレーションを受け、様々なタイムピースを開発しています。また、数々の国際的なアビエーションイベントで公式タイムキーパーを務め、ブランドアンバサダーであるフランス人アエロバティック・パイロットのニコラス・イワノフとのパートナーシップも築いています。